むし歯治療

当院では天然の歯を守るため、できるだけ削らない治療に取り組んでいます。

むし歯治療

「冷たい物が歯にしみる」
「歯の色が変色してきた」

そんな症状はありませんか?こういった症状が出始めたら、むし歯の初期段階の可能性があります。痛みがなくても放置せず、早めにご相談ください。

当院では、むし歯治療はできるだけ「抜かない、削らない、被せない」の3つを治療方針とし、早期発見、さらにメンテナンスによる経過観察に努めています。歯医者が苦手な方でも、安心して通えるようさまざまな取り組みをしています。

【削らない治療のための取り組み】ダイアグノデント

ダイアグノデントレーザーを用いてむし歯の進行状況を数値化できる装置です。レーザー光線を歯に照射して、その反射光を読み取ることで、見つけにくい小さなむし歯まで安全に発見できます。まったく痛みもない診査で、削るべきか(治療するべきか)経過観察をするべきかを正確に判断できます。

【削らない治療のための取り組み】3Mix法

根管治療3Mix法は、3種類の抗菌薬をむし歯によってできた穴に詰めることで象牙細管の中に入り込んだ細菌を除去する、薬剤によってむし歯対処をするという新しい方法です。細菌がいなくなると歯の再石灰化が進むので、不必要に大きく削ることなく治療できます。

【削らない治療のための取り組み】ドックベストセメント

ドックベストセメントドックベストセメントとは、銅の殺菌力を利用して、これまで神経を抜かなければできなかった症例でも神経を残したまま治療する方法です。基本的に歯を削ることはなく、抗生剤も使用しません。主成分であるミネラルが、殺菌と歯牙の再石灰化を促進します。

根管治療

むし歯がひどく進行した場合、根管治療を行います。当院ではレーザーを使って殺菌し、再発を抑えます。

根管治療むし歯を治療せずに放置してしまうと、神経にまで炎症が起きて激しく痛むほど進行してしまうことがあります。そうなってしまうと、炎症の起きた神経を除去し、歯の根までキレイにする「根管治療」を行う必要があります。

しっかりと根管治療を行えば、抜歯やむし歯の再発を防ぐことができます。当院では再発のリスクをより抑えるため、根管治療でもレーザーを使った殺菌を行っています。また、歯の根の感染した部分を殺菌するために、3Mix(3種類の抗菌薬を混ぜたもの)も使用しています。これにより、さらに殺菌効果を高めています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください