2014年3月21日

ホワイトニングの費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
オフィスホワイトニング
当院オススメ!
オフィスホワイトニング 上下顎(12本) ★安い★
8,000円
片顎 5,000円
ホームホワイトニング ホームホワイトニングキット トレイ+ジェル3本+専用歯磨き粉
(上下顎)
40,000円
トレイ+ジェル1本+専用歯磨き粉(片顎) 20,000円
追加ジェルのみ 2,000円/1本
ホワイトニング専用歯磨き粉 1,000円/1本
ウォーキングブリーチ デュアルホワイトニング およそ1週間に1回、歯に詰めた薬剤を替える必要があります 1歯1,500円/1回

お問い合わせはこちら

審美歯科(クラウン・インレー)の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
グラディアダイレクト
当院オススメ!
グラディアダイレクト 新素材の樹脂を使用した自然な白さの詰め物 10,000円~
オールセラミックス オールセラミックス 100%セラミックスでできた被せ物
(ジルコニア・プロセラ等)
110,000円
メタルボンド メタルボンド 中身が金属で、外側のみセラミックスの被せ物(七宝焼のイメージ) 100,000円
ジルコニア ジルコニア   100,000円
ハイブリッドFCK ハイブリッド 次世代ハイブリッド樹脂の被せ物 内冠あり70,000円
内冠なし50,000円
ゴールドFCK ゴールドFCK 純金+プラチナの被せ物
(ノンパラジウム)
100,000円
※相場により
変動します
ラミネートベニア ラミネートベニア 歯の表面を削り、削った部分に薄いセラミックを貼り付ける施術
(付け爪のイメージ)
80,000円
オールセラミックス
インレー
セラミックインレー 100%セラミックでできた白色の詰め物 60,000円
ハイブリッドインレー ハイブリッドインレー 次世代ハイブリッド樹脂の詰め物 35,000円
ゴールドインレー ゴールドインレー 純金+プラチナの詰め物
(ノンパラジウム)
60,000円
※相場により
変動します
お問い合わせはこちら

入れ歯の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
コンフォート コンフォート ・裏面を生体用シリコーンで覆った入れ歯
・抜群の吸着力
片顎200,000円~
チタン床 チタン床 ・床の部分にチタンを使った入れ歯
・生体親和性が高く、金属アレルギーの方でも安心
片顎300,000円~
金属床 金属床 ・主要部分を金属で作った入れ歯
・薄く作れるため、違和感が少ない
片顎150,000円~

インプラントの費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
インプラント料 インプラント料 インプラント埋入(2次オペ込) 税込250,000円/1本
サイナスリフト 310,000円
ソケットリフト 50,000円
GBR 50,000円
上部構造 上部構造 シンオクタ ジルコニア 190,000円~
シンオクタ メタルボンド 190,000円~
シンオクタ ゴールド前装 150,000円~
シンオクタ ハイブリッド 130,000円~

メンテナンス、その他の費用

項目 内容 価格(税抜)
メンテナンス メンテナンス(大人) 2,500円
メンテナンス(子ども) 1,000円
メンテナンス(レーザー) 3,000円
プロフィー 2,000円
その他 ファイバーコア 10,000円
プロビ 2,000円
レーザー照射 2,000円~

お問い合わせはこちら

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いをお願いしております。
ただし、自費診療で1万円以上の場合はクレジットカードでお支払いいただけます。

クレジットカード
一括払いのお支払いのみ可能です。
クレジットカード

矯正治療やインプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象となります。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください